塾や予備校の中には偏差値が低い人の為のところがある?

偏差値が低い人の塾での偏差値アップ法とは?

偏差値が低い人の塾での偏差値アップ法とは?

塾にも様々な形態がありますが、偏差値が低い人が塾を活用するためには個別指導か少人数クラスの塾を選びます。

大人数では、学校で授業を受けることと同じですから、わからないところがあっても、その都度質問をすることができず、一人一人に先生が関われる時間も限られてしまいます。

丁寧に教えてくれる先生をみつけて、わからない部分について時間をかけて教えてもらいましょう。

その場ではわかったつもりになっても理解できていない部分もあるので、家に帰ったらその日のうちに学んだことを復習しましょう。

まずは全く分からない部分よりもなんとなくわかっている部分に取り組むことで、しっかり理解できている部分を増やしましょう。

理解できている部分が増えれば、わからない部分を理解するためのとっかかりが増えます。そうして理解できる部分を増やしていくことで点数をあげていくことができます。

偏差値が低い人の予備校での偏差値アップ法とは?

偏差値が低い人の予備校での偏差値アップ法とは?

偏差値が低い場合、個人の能力ではなく勉強のやり方が間違っているために偏差値が上がっていない場合が多いです。

当然のことですが、まずは予備校の授業をしっかり集中して聞きましょう。ノートを取ることに集中し過ぎていては、肝心の先生の話を聞き逃してしまいます。

予備校の授業で大切なのは板書ではなく先生の話ですので、そこに全意識を向けてください。また、これもよく言われていることですが復習はとても大切です。

人間は忘れていく生き物ですから、せっかく学んだことも時間が経つと忘れてしまいます。

家に帰って復習することで、習ったことを頭に定着させることができます。この作業を習慣として行うだけでも偏差値アップを期待できます。

塾や予備校では偏差値が上がる理由はこれだ!

塾や予備校では偏差値が上がる理由はこれだ!

塾や予備校では偏差値が上がるのはある意味で当たり前の話です。なぜならよほど本人や家族の意識が高くない限り、人間は遊び盛りの10代で勉強に打ち込んだりしないからです。

つまり普通の中学生、高校生は絶対的な学習時間が不足しているのです。学習時間が不足している状態では強制的であれ学習時間が増えるだけで偏差値は自動的に上がります。

本人のモチベーションが低くてもテキストを開いて単語と触れ合っているだけでも暗記効果は生まれます。放課後に全く勉強していなかった人間が2時間勉強するようになればテストの点数が伸びるのも当然ですね。

だから通っている進学塾や予備校が本当に良い学習施設であるかどうかは偏差値の上昇だけではわからないのです。